BixpyJetでSUPフィッシングを楽しもう!

SUPフィッシングとは??

SUPフィッシングって聞いた事ありますか?

前にご紹介したSUP(Stand up Paddle Boardという立って乗りパドルで漕ぐ大きなサーフボードのことですね(^o^)

このSUPの上から釣りをするSUPフィッシングというスポーツがあります!

漕いでるだけでも楽しいSUPの上から釣りをするなんて考えただけでヨダレが落ちそうです・・・(゜¬゜)

ハワイのアクティビティSUP

 

BipyJapan公式アンバサダーのモチャピさんも湘南の海でSUPフィッシングを楽しまれています。

普段は立って乗るSUPですが、釣りのときにはカヤックのように座ってもOKで、座るとすごく安定して釣りに没頭できるそうです!

こういう風に自由にアレンジして楽しめるのもSUPの楽しさの1つですね♪

 

BixpyJetをSUPフィッシングで使うことで、パドルで漕ぐ負担が減るので、そのぶん釣りに集中できて、さらに釣りを楽しむ事ができます。

また少し遠くに出て釣りがしたいときや、潮の流れが速い日、風が少し吹いている日などはBixpyJetのパワーを借りてパドリングを楽しちゃいましょう\(^o^)/

※前回のブログ記事でも書きましたが自然のパワーには勝てません、速すぎる潮の流れや、強すぎる風には要注意で、そういう日は沖に出るのは控えましょう!

 

SUPフィッシングをはじめるには?

SUPフィッシングをはじめるためにはまずSUPが必要です!

 

SUPの種類

SUPには木やカーボン、プラスティック素材などでできたハードボードと、空気を入れて膨らませるインフレータブルボードの2種類があります。

都心などで収納に困る方には空気を入れるインフレータブルボードがオススメです!空気を抜くと両手で抱えられるぐらいのサイズになります。

SUVのトランクに空気を抜いたインフレータブルボードを3つとライフジャケットを3つ積むとこんな感じになります。コンパクトカーでもインフレータブルボードを2つは積む事ができます。

 

SUPは利用目的別に大きく6つの種類に別れます。波乗り、レース、ツーリング、ヨガ、オールラウンドです。

SUPフィッシングでは安定感と浮力の大きなツーリング用か、オーランドモデルを選ぶ事をオススメします。

 

波乗り用は浮力が小さいためボードのほとんどが水中に浸かっている状態で浮きます。

 

 

レース用のボードは幅が細く長さが長いのが特徴です。安定感はありませんがスピードが出ます。

 

浮力の大きなオールラウンドモデルやツーリングモデルは大人二人で乗っても大丈夫なぐらい浮力に余裕があります。

 

SUPの大きさは?

SUPの大きさは体重に合わせて選びますが、SUPフィッシングでは安定感が欲しいため浮力が大きめのSUPを選びます。

浮力の大きさはSUPの容積で確認します。容積は長さ☓幅☓厚みになります。容積が大きいほどSUPの浮力は高くなります。

通常は体重65kgぐらいの人が波乗りのために選ぶSUPは容積120L〜145Lぐらいです。SUPフィッシングの場合は容積が200L以上のSUPを選ぶと浮力が大きく乗っていても安定します。釣りをするための最低限の容積は体重65kgぐらいで170L以上と考えてください。

SUPの長さ

まずは長さですが、BixpyJetを装着するためにはSUPの長さが333cm以内である事が必要です!BixpyJet装着を検討している方は11ftより短い10ft台のSUPを選びましょう。BixpyJetを利用できる条件は過去のブログ記事を参照ください。

過去のブログ記事はコチラ

船舶検査・免許が不要な条件(2馬力ボートとは)

SUPの横幅

次に横幅です。幅が広いほど安定感が増します。釣りに必要なSUPの幅は最低が80cmと考えてください。選ぶ際には80cmより幅が広いSUPを選びましょう。

SUPの厚み

最後にSUPの厚みです。SUPの厚みはハードボードでだいたい10cmインフレータブルボードなら10cm、12cm、15cmの3種類になります。5年前ぐらいまではインフレータブルボードも厚み10cmが主流でしたが、最近は厚み15cmのボードがほとんどになっています。厚みが大きいほど浮力が高く、ボードの硬性強くなるので乗ってもボードのタワミが少なくなります。

 

SUP以外に必要なアイテムは?

SUPが揃ったらあとはその他のアイテムになります。

パドル

パドルにはアルミ、ハイブリッド(樹脂とカーボン)、グラスやカーボンの3種類があります。左から順に重量が重くて値段が安く、右に行くほど軽くて値段が高くなります。入門用としてはアルミで十分ですが、こだわりたくなったらカーボンを選びましょう。

パドルは2分割や3分割できて収納に便利なタイプもあります。

リーシュコード

ボードから落水した際にボードが流されないよう自分とボードをつなぐコードです。

※セットで販売している商品には、パドルとリーシュコードまではセットに含まれている事が多いのでご確認ください。

パドルリーシュコード

パドルが手から離れている時にパドルが流されてしまわないようにパドルと自分をつなぐコードです。

ライフジャケット(浮力体)

落水した際に体を浮かせるための物です。命に関わりますのでSUPに乗る際には必ずライフジャケットを着用しましょう。

目立つ格好やフラグ 

沖に出ると船との接触リスクがあります。SUPは小さく船からはすごく見えづらい存在のため蛍光色の目立つ服装や、遠くからでも見えるフラグなどを高く掲げましょう。

 

必要な釣り道具は?

SUPフィッシングにはシンプルなルアーフィッシングがオススメです。ルアーフィッシングに必要な釣り道具はコチラになります。

ロッド(釣り竿)

 SUPフィッシングでは短めの長さは6-7ft前後の長さを選択します。硬さはルアーの重さに合わせてください。

リール

 スピニングリールなら2000番-3000番のサイズ、ベイトリールなら小型ベイトリールがオススメです。

ルアー

 狙う魚によって変わりますがルアーを何種類か用意しておきます。

ランディングネット

 SUPで魚が釣れた時にネットがないと魚を海に落としてしまう事が多いので、なるべくネットを持っておきましょう。

クーラーBOX、ストリンガー

  釣れた魚を美味しく食べるためにはクーラーBOXが必要です。クーラーBOXを持って置くと濡らしたくないアイテムなどを収納することができます。

 また魚を生かしたまま確保する方法としてストリンガーがあります。但し場所によってはストリンガーの魚にサメがよってきて襲われる可能性があるため注意しましょう。 

 

 

ここまで準備が整えばSUPフィッシングを楽しむ事ができます。

SUPフィッシングに興味を持った方や、はじめてみたい方はお気軽にご相談ください\(^o^)/

 

コメントを残す

すべてのコメントは公開前にモデレートされます